アルフォンス・ミュシャ


チェコ生まれのアール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。アルフォンス・ミュシャ。
日本でも人気が高く、作品展が都度、開催されています。
色とりどりの植物に囲まれ、きらびやかな装飾品を身につけた女性像が作品の多くを占めており、
当店がお届けする2018年カレンダーも金印刷の施しにより、アール・ヌーヴォーの豪華さを引き出し、さらにきらびやかな美しい女性達が花を添えています。

-------------------------

・寸法:515×380(mm)
・型式:8枚つづり
・仕様:紙ヘッダー仕様

※全ページ:金印刷

-------------------------

※こちらは予約商品です。入荷次第、順次発送させていただきます。(9月頃入荷予定)

【アルフォンス・ミュシャprofile】
アルフォンス・マリア・ミュシャ(1860年7月24日 - 1939年7月14日)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。
多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。
星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴で、代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』『スラヴ叙事詩』などがある。
型番 1000093405
販売価格
1,404円(税104円)
購入数