中島 千波


日本を代表する日本画家、中島千波。今年もカレンダーができました。
近年では新歌舞伎座の緞帳を描くなど私たちを魅了し続ける彼の作品を全ページ金シルク印刷を施しよりきらびやかな世界をみせます。

-------------------------

・寸法:415×515(mm)
・型式:8枚つづり
・仕様:布ヘッダー仕様
・全ページ金シルク印刷

-------------------------

※こちらは予約商品です。入荷次第、順次発送させていただきます。(9月入荷予定)


【中島千波profile】
中島千波(1945年〜)は、日本の日本画家。父の疎開先であった小布施で生まれる。
日本画家の父を追うように、東京藝術大学に進学、日本画を学ぶ。学生時代は既成の日本画にとらわれない新しい日本画の創造をめざし、社会に対する疑問、怒りがのちにライフワークとなる「人物画」のシリーズ作り出した。
その一方で花鳥画も得意とし、桜、牡丹は彼の代名詞の花。
伝統を大事にしながら、新聞や雑誌の挿画、表紙絵にも取り組み、近年では天井画の制作や新歌舞伎座の緞帳を描き、現在も人々を魅了し続けます。
型番 1000093418
販売価格
2,700円(税200円)
購入数